Sahara-Eliki in medias

LIFESTYLE  みんな電力

【第1回】千年、未来を繋いできたキャラバン
Screen Shot 2017-05-20 at 15.17.51
映画『Caravan to the Future』は大変な作品だ。
1000年も前からサハラ砂漠で続く、トゥアレグ族の4ヶ月に渡る「塩キャラバン」に、フランス人と日本人の両親を持つ国際ジャーナリスト・デコート豊崎アリサが同行。多くの示唆をくれる、一本の映画に昇華させた。その苛酷さは言うまでもない。しかしアリサ監督は当たり前のように、彼らとキャラバンの自給自足の在り方にある、現代の私たちが失いつつある、底抜けの魅力について語ってくれた。渋谷アップリンクでの上映後、携帯用ソーラーパネルで砂漠での撮影を可能にした監督との、対談の記録である。

本作は、ソーラーパネルで発電した電力で撮影したとのこと。1000年以上続く塩のキャラバンと、先端技術のソーラー発電の組み合わせが面白いと思います。
アリサ 映画は2003年に撮ったものですが、あの頃はまさか一人で撮るとは思いませんでした。映画を撮る経験もなかったですし、もっと普通の撮影チームと一緒に行くつもりだったんです。結局企画書も通らず、予算がなくて、それで「やめるか、一人で撮るか」となって(笑)。そもそもは98年に初めてキャラバンに同行して、その経験があって「これは面白いからドキュメンタリーにしたい」というのが、発端でした。
じゃあ一人で撮るとして、ラクダに乗ってカメラを持って、そこまでイメージすると「どうやって充電するの?」って。これが本当にネックで、解決法がしばらくわからなかったんです。
パリにいる頃、たまたまTVでベネディクト・アレンという、BBCで番組を持ってる冒険家を観て。彼の番組はとても面白くて、例えばナミビア砂漠を2、3ヶ月一人で横断して、自分で自分を撮影してるんです。最初は「他にクルーがいるなんて、冒険家じゃない」って思ってたんだけど、最後のクレジットは全部彼の名前で。
私はそれですごく感激して、直感的に「連絡とるしかない」って(笑)。「どうやって撮ったんですか?私もこういう映画を撮りたい」と言って、ロンドンまで行って実際に会ったんです。そうしたら彼も、BBCとは予算も違うけど、あなたの話を聞いていると、作品を観てみたいと。「撮影はソーラーパネルでできるから、是非いってらっしゃい」と、勇気づけてくれました。

つづき http://enect.jp/?p=16314&post_type=life&preview=1&_ppp=1f7ec0fab8

【第2回】千年、未来を繋いできたキャラバン

arisa-10-2
「アラジラ」というナツメの実、山羊のチーズとミレットのお粥を歩いて食べる。
photo by Bardaghan Imane

「自給自足」、「地産地消」、「循環型」といったことは、エネルギーでも大切とされるキーワードです。

アリサ 自給自足の中にしか、本当の自由はないんじゃないのかな?「Freedom」っていろいろな意味がありますが、「本当の自由」は何にも依存しないで、自分の力だけで生きていく、食べていくというのは、実はものすごく自由なことなんです。
ーそれはどこで学んだことですか?
アリサ たぶん旅をしながら見たんだと思います。私はパパと一緒に、小さい時から変な、普通の旅行者が行かないようなところに行ってたから(笑)。そこでいろいろなライフスタイルを見て、その多くはいわゆる「貧しい」ところだったけど、私には全然貧しいように思えていなかった。当時自分は子どもだったし、子どもの視点てすごく素直なので。4、5歳からそういう旅をしてきて、その時の想いとか、旅の教育は大きいですね。

お父さんは何者ですか?

アリサ 冒険家(笑)。80年代のパプア・ニューギニアやパキスタンとか、でも特にアフリカが多かった。パパはフランス人でアジアにずっと憧れてたけど、ハートはアフリカにあったような気がします。それで私もアフリカに一番魅かれてきたの。中でも、中央と西アフリカがメインだったかな。
アフリカはやっぱり人間のはじまった場所で。
私はそれは、言葉だけじゃなく、本当にそういう風に感じているから、国ごとじゃなくて、大陸として特別だし、強烈なところだと思います。

つづき   http://enect.jp/?p=16314&post_type=life&preview=1&_ppp=1f7ec0fab8


Niger national television


「自由なラジオ」 トゥアレグ族の大地と文化を蝕む
ニジェールのウラン鉱山と日本の原発再稼働

今回のお客様は、フランス人の父、日本人の母をもつジャーナリスト、アリサ・デコート・豊崎さんです(番組では愛着を込めてアリッサと呼んでいます)。世界を飛び回る古美術商のお父様の影響で、幼少の頃から世界中の小さな国々を訪れその文化にふれてきたアリッサさんですが、特にサハラ砂漠の遊牧民族トゥアレグ族の暮らしに魅かれ、彼らを中心に取材を続けています。番組前半では、ラクダに乗って塩を運び穀物に替えに行く長い旅、1000年も続いている自給自足システム「塩キャラバン」に同行して撮ったドキュメンタリー「Caravan To The Future」の制作秘話を伺います。そして後半では、トゥアレグ族も働くというニジェールのウラン鉱山について詳しく伺います。もともと自給自足で暮らしていた遊牧民族の暮らしは文明に浸食されていき、いまやウラン採掘によるおびただしい環境汚染、自然破壊が進んでいるといいます。アリッサさんは、トゥアレグ族の男性に求婚されて結婚しました。そのご主人はNPOを立ち上げ、労働者たちとともに無秩序なウラン採掘に対し反対運動を展開しているといいます。
アリッサさんは言います。原発や原爆、核兵器がなければウラン鉱山は要らない。ニジェールのウランも日本に輸出されている。日本の原発再稼働が、こんな遠いところとつながっていることに思いを馳せて欲しいと。先住民族と自然破壊に注目して取材活動を続けるジャーナリスト、アリッサさんの証言は、まさに地球の裏側で起きている真実が現実として見えてくる、とても貴重なものです。お聞き逃しなく!

http://jiyunaradio.jp


SOTOKOTO  ソトコト4月号、 発売中!

月刊ソトコト
2017年4月号 No.2143月4日(土) 発売
定価823円(税8%込)

オンラインで購入する

screen-shot-2017-03-05-at-9-21-32

https://www.sotokoto.net/jp/interview/?id=175


LA VOIX DU NORD

14457328_1120473724701134_1136943532251976208_n


BARAKAN BEAT

16143451_1512580982089948_7389830885040042802_o


GEO ADO

GAD0865_REPORTAGE_1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中