About

Association Sahara-Eliki

Sahara-Eliki, né en 2006, a été inspiré de voyages en caravane de sel au Niger depuis 98. Créee par Alissa Descotes-Toyosaki, une journaliste franco-japonaise, l’association propose son expertise en élevage, commerce caravanier et problématique environnementale et initie des projets dans les zones nomades en difficulté. Son projet “Un chameau pour bosser” initié à Djanet en Algérie pour promouvoir le métier de chamelier a été largement médiatisé au Japon. L’association a aussi produit en 2016 un documentaire sur les caravaniers du sel pendant 3000 km de traversée jusqu’à Kano au Nigéria, intitulé “Caravan to the future”, réalisé par Alissa Descotes-Toyosaki. Depuis Février 2015, Sahara-Eliki soutient une association touarègue nigérienne qui se mobilise pour fermer une mine d’uranium chinoise. Leur projet préconise en outre la redynamisation des activités pastorales. L’association compte amorcer en septembre 2017 un projet de soutien à la caravane de sel dans la région de Timia au Niger.

サハラ・エリキ

サハラ・エリキは1998年からニジェールのサハラ砂漠における塩キャラバン等の様々な旅で大きな感銘を受けて2006年に設立された。このアフリカの現地に根付くジャーナリストのデコート・豊崎アリサが代表するサハラ・エリキは牧畜、キャラバンの商い、環境問題などについての専門的な考察を提供し、難問を抱えた地域での遊牧民の指導に尽力している。アルジェリアのジャネットで実施されたラクダ使いの仕事を支援するプロジェクト「働くラクダ」及び「ラクダ乗りキャラバン」は日本のメディアでも広く取り上げられた。
2016年にはサハラ・エリキはデコート・豊崎アリサが一人で撮影したテネレ砂漠からナイジェリアまで3000キロを横断する塩キャラバンの旅のドキュメンタリー「Caravan to the future」をプロデュースした。2015年2月以降、サハラ・エリキはウラン鉱山の閉鎖を要求しているニジェールにおけるトゥアレグ族のNPOの活動を支援している。彼らが放牧活動の再開を目指している。2017年9月からサハラ・エリキは塩キャラバン支援プロジェクトをニジェールで開始する予定である。