Tamikrest/ Caravan to the future live review 朝日新聞 2017年6月12日 夕刊

タミクレスト 砂漠の民、淡々と心地よく

by Peter Barakan (broadcaster). Picture: Masataka Ishida.  Traduit du japonais par Alissa Descotes-Toyosaki (Caravan to the future)

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12984162.html

何百年もラクダのキャラヴァンでサハラを行き来し、貿易を営んできた遊牧民のトゥアレグ族。ベルベル系の彼らの音楽はアフリカ大陸の中でも独特なサウンドで、便宜上「砂漠のブルーズ」と呼ばれるのも頷(うなず)ける。

その新世代の代表格、タミクレストの東京公演(5月30日、代官山UNICE)の前に、トゥアレグ族の過酷なキャラヴァンの旅に4カ月間同行した日系フランス人女性アリサ・デコート・豊崎が一人で撮影した1時間のドキュメンタリー映画「Caravan to the Future」が上映された。タミクレストの5人のメンバーが登場したのは午後9時50分。

リーダーのウスマン・アグ・モサはギブソンのレス・ポール(トゥアレグの音楽にエレキ・ギターは欠かせない)ですぐに耳に馴染(なじ)むリフを反復しながら、タマシェク語で彼らの社会が抱える色々な問題について物憂げに歌う。トゥアレグの独立運動が長く続くマリ北部で、彼らの子供たちがフランス語で教育を受けるため文化的なアイデンティティが持ちにくいことについても歌っていた。

ギターを持った彼のアフロ・ヘアの様子は時々若い頃のサンタナを思わせるが、ギターは繊細で、決して熱くはならない。ベースで高い音をファンキーに聞かせるシェック、そしてジェンベとカラバスの打楽器類を担当するアガリはトゥアレグ、そして主にリズム・ギターで、効果的に低めのフレーズもスライドで展開するポールとドラマーのニコラはフランス人。

トゥアレグの音楽はミーディアム調の曲が多く、さほど抑揚があるわけではない。一つのグルーヴが淡々と繰り返されるのを聞いていると体が自然にゆったりと揺れ出し、それが何とも気持ちがいい。(ピーター・バラカン/ブロードキャスター)

TAMIKREST, le son posé du peuple du désert

Les touaregs, un peuple nomade qui s’est deplacé pendant un millénaire à dos de chameau à travers le Sahara.

Leur musique aussi, d’Influence berbère, est unique même sur le continent africain, et est appellé communément “Desert blues”.

Le live à Tokyo du groupe Tamikrest, la nouvelle génération de musiciens touaregs, a commencé par “Caravan to the future”, un voyage d’une heure en caravane. Un documentaire tourné  pendant 4 mois dans des conditions extrêmes par la journaliste franco-japonaise Alissa Descotes-Toyosaki.

Ensuite, les cinq membres de Tamikrest sont montés sur scène.

Le leader Ousmane Ag Mossa armé de sa guitare Gibson Les Paul a chanté des textes qui parlent des problèmes de sa communauté en langue tamacheq sur des riffs de guitare qui sont familiers à nos oreilles.

Une de ses chansons parle des enfants touaregs qui perdent leur culture identitaire à cause de l’enseignement français dans les écoles au nord Mali où continue toujours le combat pour l’indépendance.

Son style avec sa guitare et ses cheveux afros (!) rappelle un peu Santana quand il était jeune mais son jeu musical reste toujours subtil et cool. Les autres membres  sont les touaregs Cheikh qui joue des notes hautes et funky à la basse et Aghaly aux percussions et calebasse, et les deux français Paul, à la guitare rythmique et aux enchainements slide discrets et efficaces, et Nicolas à  la batterie.

La musique touarègue se joue souvent dans un registre medium et sans très grandes modulations. C’est un seul groove qui se répète lentement et fait balancer le corps malgré soi. Pour notre plus grand bonheur!

Publication Journal ASAHI du 12 juin 2017

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。